注文住宅で建てて良かった

 

現在33歳で子供が3人おります。

 

2年程前にアパート住まいだったのですが奮起して注文住宅にてマイホームを購入しました。

 

その経験を書かせて頂きます。

 

マイホーム購入を考えた時、嫁さんと建売と注文のどちらにしようかずっと悩んでいました。

 

マイホーム購入にあたっては価格も勿論なのですが、3人の子供たちが生活しやすい作りになっているかも視野に入れていました。

 

何度もモデルルームや建売住宅の見学も行いました。

 

ですが、やはり私達が抱えている将来のビジョンと重なり合う事が無かったので、注文住宅にて購入する事にしました。

 

まずう注文住宅にして良かった点は建築途中のマイホームが観られた所です。

 

基礎工事が始まり、柱や屋根が少しづつ作られていく光景を見ていると「俺も一家の主か」とこれまで以上に気持ちを奮い立たせる事が出来ました。

 

もう一つ注文住宅にしてよかった点はやはり価格です。注文住宅に関するブログを読み込んで徹底的に研究しました。

 

3人の子供がいるので、将来的に多額の金銭が必要となってくるので、住宅に掛けられる予算にも限度がありますよね。

 

そんな私達が考えていた予算の中でも拘る所は拘り、あまり拘りが必要では無い所には予算を掛けないで設計する事が出来たので、予算内での建築が可能になりました。

 

正直、建売住宅で同じ様な間取りの様な家を購入するとなると、予算オーバーとなってしまいマイホーム購入の夢は未だ叶えられなかったと思われます。

 

そして注文住宅で建築し、一番良かった点は家族全員が何のストレスを抱える事もなく楽しい日々を過ごせている点です。

 

嫁さんが毎日使用する台所も嫁さんのニーズに合わせて設計されていますし、何よりヤンチャな3人の子供たちが走り回れるように柱を最小限に抑えるように設計してもらえたので、障害物等をあまり気にする事なく走り回っています。

 

マイホーム購入を検討されている方は多くいらっしゃり、その多くの方の悩みは価格や住み心地となってきますよね。

 

注文住宅で建築すると各家庭に合わせた予算や理想の空間にて作る事が可能となってくるので、注文住宅がお勧めとなってきます。

注文住宅にしたら意外と費用が抑えられて成功!

注文住宅は、建売住宅よりも費用が高めになると思っている人が多いのですが、しかし実際にはそうでもないこともあるのです。注文住宅にしましても、要は「やりくり」だったりするのです。

 

 

 

だって、注文住宅は自分たちの好きなように家を考えられるのですから。ですから、節約できる部分はしっかりと節約しますので、その分住宅の費用も抑えられるのです。

 

 

 

たとえば、普段は人目につかないクローゼットの内側部分の壁材をひとつスペックを落としたものにすることだって、注文住宅は可能です。それに注文住宅の場合ですと、当然のことですが自分たちの暮らしに合わせて設計をしていけますから、不必要な空間を削ることだって可能です。

 

 

 

それに、フローリングだって選ぶことができますから、「小さい子供がいてどうせ傷がつきやすいだろうから」と、材質を落とすことだって可能ですから。また、照明や遮光器具など施主支給部分を増やすことで、仲介手数料を省くことができますので、その分さらに費用を抑えられるわけです。

 

 

 

そして住宅設備など、自分たちがお金をかけたい部分にかけることができますので、だからこそ注文住宅はやはり人気なのでしょう。注文住宅でマイホームを建てるといっても、建設も自分たちでやるわけではなく、建設会社にお願いしていますので、住宅設備は建設会社を通して設置されるわけです。

 

 

 

つまり、住宅設備を卸すのは建設会社ですから、業者割引されて入ってきますからね。建売住宅ではなく、注文住宅でも業者割引された住宅設備が入るのです。ですから費用面でも心配はありません。これらは工務店の選び方などで学びました。

 

 

注文住宅は間取りを自分たちが好きないようにつくっていける点が最大の魅力だと言えるかもしれませんが、節約することも柔軟にできるところもなかなか大きな魅力でしょう。もちろん、随所随所で建設会社の方にアドバイスをいただいたり、参考意見を聞かせてもらったりして建てましたが、建売住宅よりも住宅建設費は安く抑えられたことも驚きました。